忍者ブログ
ブログ内検索
アンケートモニターに参加してお金をGET!
マクロミルへ登録
P R
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
バーコード
フリーエリア
平成ジャーナル。平成はもう古いが、新しい物事にアンテナを張りながら、日々気になるニュースなどを私見とともに更新。
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最初は頭痛「まさか新型インフルとは」 一時重症の男児


長男は7月中旬、頭痛を訴えた。平熱だったので母は仮病を疑った。だが、長男が翌朝も頭痛を訴え、せきが出始めたため近くの診療所へ。
熱は37度。診察した医師は「一日、様子をみましょう」。風邪薬をもらい帰宅した。

 頭痛を訴えた日の2日後もせきが止まらない。「胸が痛い」と言い出し、熱は38度。再び受診した同じ診療所で、体内に酸素が行き渡らない低酸素状態と分 かり、総合病院で治療を受けることに。X線撮影で「大葉性肺炎」と判明。簡易検査でA型陽性反応が出たため、抗インフル薬タミフルの投与を始めた。その日 から1週間入院した。詳しい検査で2日後に新型インフルと確認された。



どこからが新型インフルの症状なのかわからない。

しかも、最初は軽い症状だから、判断に困る。

医者も簡単にインフルエンザを疑わない。どういう症状がでるのか特定化されていないのだろう。

新型インフル特有の症状というのはないのだろうか。

まず、風邪には気をつけなければ。

 


PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

Pass:[]
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする
 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 
フリーエリア
amazon
FX(為替レート)
rakuten
忍者ブログ [PR]
 / Photo by 水珠